CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第30話 「新しい時間」

ぷぅ〜〜〜〜。。。プッ。。
「く!くさいニャァ〜〜アァッ〜〜。。」
ヒカルに銃口を向けたまま失神したにゃん太郎。
「ちょ、ちょっと、私のオナラはそんなに臭く無いわよ!」
銃口を払い除け、ヒカルはにゃん太郎の肩を揺さぶったがどうやら壊れてしまったらしい。。。
振り返ると、ヒカルは以外はみんな失神して倒れていたのだ。
「やだぁ〜!なんてことっ、失礼しちゃうわ!」
逆切れしたヒカルはにゃん太郎を蹴飛ばし、諒子に駆け寄った
その時、
「逃げなさい!」神殿に響きわたる美しい声と共に、
女神像の手がゆっくりと開きはじめたのだ。
その手は七色の光を放ち、
光の中から現れたのは、球体に包まれた胎児。
「諒子と共にここから逃げなさい。」
響き渡る美しい声は胎児の声だった。
「あなたは何物?」
「私は、   」

.............ボコ!!!

「イタッ!」
「昼休みは終わりだがゃぁ〜、また店で何か書いてるにゃ。今度見つけたら会長に言い付けるだがや!
午後は買出しの後に2階と3階の便所掃除、終わったら101号室〜203号室のシーツ換え!ホレ!
さっさと行くだぎゃ〜!」
ヒカルを殴ったのは、名古屋訛りの小太り中年男。
酢昆布をクチャクチャと噛みながら買い出しリストをヒカルの頬に投げつけ
「今日もプリップリだぎゃ〜、にゃにゃ〜〜」などと従業員の尻を撫で回し休憩室から出て行った。
『千姫』の支配人「猫田オサム」はヒカルの書いている小説の「にゃん太郎」のモデルなのだ。
「はぁ〜。。。早くこんな店辞めたぁ〜い。。」
猫田に尻を撫でられ、ヒカルの隣で美しい顔を歪め溜息をついたのは
『千姫』ナンバー1のホテトル嬢キョンキョン。諒子のモデルだ。
「ねぇ、あなた、ワタシと一緒に逃げる?」
突然のヒカルの言葉にキョトンとするキョンキョン。
有無を言わさず手を掴みニッコリと微笑むヒカル、
買い出しに行くと言い足早に休憩室を後にした。

ヒカルの次のターゲットはこのキョンキョンなのだ。

長い時間生きていくのに独りじゃ寂しい、
ちょっとおバカな娘だと楽で便利だし、どうせなら美人がいいし!ふふふ。
『千姫』で働きながらちょっと貯えも出来た事だしここはもういいわ。
今書いてる小説は、福田川賞をねらってんだもん!目指せ印税暮らしよ!!
でも、ワタシが賞をとったらヤバイでしょ、だから今度はキョンキョンに手伝ってもらうわけ。
あ〜でも、賞がとれなかったらぁ、、、強盗、誘拐、振り込めサギもいいかもね。ウフッ。
だって〜、お金がないと生きていけないもんね〜
その為には、、キョンキョンに頑張ってもらわないとね!ふふ。

ほくそ笑むヒカルの頬をひんやりとなでる風が冬の到来を感じさせた。
高く広がる空を見上げると、雲が御名月島で出会ったアノ人達に思えた。
「今頃何してるのかしら、、、、おいないさんたち。。。」

「ヒカルさんって、私の事好きだったの?」
ヒカルに手を掴まれ連れ出されたキョンキョンは
頬をピンクに染めヒカルを見上げていた。
まだあどけなさを残すその顔はなんだか希望に満ち溢れている様に見える。
「あなた、、あの子に似てるのね。。。」
「あの子?」
「魔女っこメグよ!ふふふふふ」

さぁ、行きましょ!

ヒカルは新しい時間をまた一歩踏み出したのだった。

---終わり----








| ☆リレー小説/ヒカルの後 | 12:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - |









このページの先頭へ