CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
裏ネタ〜平川〜
CA3K01060002.jpg
『ロウバジェット』が終わって、早ひと月が過ぎました。

最早“冬本番”といった感じですね〜。

毎回舞台では、お客様に分からないところにも随所に我々のこだわりが散りばめられています。

今回の舞台装置もよく見れば…

無造作に置いてあるように見えるダンボールも実はちゃんと理由があったりします。(ちなみに棚のダンボールで一番大きなものには、『監督私物』という貼り紙が何故かある)

写真はロッカーの隅っこに貼ってあった小さなポスター。

小道具担当に聞くと、脚本で一行だけそのことに触れられていた化け猫女優『入江たか子』の写真らしい。

ん〜…深し♪
| 『ロウバジェット』 | 09:17 | - | trackbacks(0) |
ウラネタ〜鈴木〜
鈴木です。
ウラネタがなさそうなのでサッカーのことにします。
ドイツでプレーする内田はドイツ語がぜんぜんしゃべれなかったとき、ノートに試合で起こりうることをぜんぶ書いて同僚に聞いたそうです。
しゃべれないけど何とかする内田、さすが戦術派、さらに応援したくなった、内田、コンフェデ期待してます!
| 『ロウバジェット』 | 19:24 | - | trackbacks(0) |
ウラネタ〜逸見〜
20121127130847.jpg
逸見です。


どーも。



ウラネタです。



初日のステージの時に、出番のど頭でラムネを食べながらセリフを言ったら、口が渇いて変な感じになっちゃいました。


おかき食べた時も口乾きました。


結果的にラムネを砕いて食べることにしました。(年寄りか)


ということで裏ネタは終わり。


宣伝させてください。



来週からリィーディングのお芝居に出ます。

良かったらチェキってみてください!


【ウォーキングスタッフ・プロデュース】

リーディング公演
『回転する夜』
作:蓬莱竜太(モダンスイマーズ)演出:和田憲明

出演:遠藤雄弥 伊達暁
内田慈 多根周作(ハイリンド) 原慎一(夜ふかしの会)
逸見宣明(Dotoo!) 酒向芳
【タイムテーブル】
2012年12月4日(火)〜12月日9日(日)

12月4日(火) 19:30☆
5日(水) 19:30☆
6日(木) 14:00 19:30 7日(金) 19:30
8日(土) 14:00 18:00 9日(日) 13:00


【チケット】
全席自由席(整理番号付き)前売 2800円 当日 3000円学生(前売・当日共)2000円☆=割引料金 前売 2500円当日2700円

【会場】
@サイスタジオコモネA(板橋区小茂根1-9-5)

東京メトロ有楽町線・副都心線「小竹向原」駅下車 2番出口・3番出口 より徒歩3分


チケットのお申し込みはお名前、日時、枚数をご明記の上こちらのアドレスd_m_kokesi@yahoo.co.jpまでお願い致します。


宜しくお願い致します。
| 『ロウバジェット』 | 13:17 | - | trackbacks(0) |
「ロウバジェット」裏ネタ〜白鳥〜
あれからもうこんなにも月日が経つのね…

皆さんどーも、白鳥です!

「ロウバジェット」裏ネタでございますが、写真なくてごめんなさい(>_<)

今回私が演じた「牧野」が劇中食っていたものは何だったのか。

みなさん恐らく「まったくおもって興味がない」「だから何なの?」と思いでしょう。

わかりますよ、

でも言わせて下さい!

食っていたものリスト
・チョコレート
・ラムネ菓子
・グミ
・ゴミ
・ガラス破片
・踵の皮
・ポリデント
・なんかのパーツ

以上です!

どれもこれも美味でしたよ〜!(※一部嘘が混じっています、さあ是非とも当ててみてください。)




| 『ロウバジェット』 | 17:10 | - | trackbacks(0) |
ウラネタその2〜青白木〜
20121126_021306.jpg
おぉ〜更新が遅くなって申し訳ありません…(>_<)
余りにも忙しい1週間だったもので…。

ウラネタないんですよね〜。
ってことで絞り出す。

写真はガメラとゴジラのフィギュアです。
ガメラは合計三体ありました。
ガメラは全て座長の私物です。
クレーンゲームで取った景品です。
お店の人にもうやめて下さいと言われたそうです。
思わぬところで座長の特技を知りました。

特技:クレーンゲーム

カメラ、パソコンが好きで…。
ってただのオタクか!

いえいえ、座長は超一流のクリエイターですよ♪

青白木タクヤ
| 『ロウバジェット』 | 02:32 | - | trackbacks(0) |
裏☆ネタ〜デ☆ら〜
nameUndoModifyImage1.jpg

 ちょっとはみ出しているこの子。


なんだかわかりますか??



正解は



おいないくんです


おいないさんに出て来たかぶり物です。


今回は映画のスタッフルームということなので、ところどころに

過去に公演に使われたモノ達が潜んでいます。

しかも、細かいところにいっぱいいます。


こういうところは中々、目が向く事があまりありませんが、

たまに向けると、こんな遊びが潜んでいますよ〜


次回はどうなるかわかりませんが、こういうところも観ていただけると、もっと楽しくなりますよ!!


デ☆ら




| 『ロウバジェット』 | 23:44 | - | trackbacks(0) |
『ロウバジェット』裏ネタ〜片平〜
121104_1211~0002.jpg
楽日からは既に二週間以上経過…

裏ネタ…裏ネタ…と記憶をたどってみると『そう言えば!』みたいな事を思い出しました。

僕がやらせて貰った石黒(腹黒くん)プロデューサーは、サードの牧野が持ってきた牧野兄の本物拳銃を海江田との2人のシーンで本物とは知らずにぶっ放してしまいます。
実は4ステージ目くらいの時に本番中にこの拳銃(写真下のもの)の引き金部分が完全に壊れたのです。
正しくは引き金の周りの枠みたいな部分が折れてしまったような状態。

当然本番中は目の前で破損したのですが、そのまま何もなかったかのように拳銃を使ってたのです。(本物の設定なのであとを考えると壊れた!リアクションは無理)

終演後、楽屋にもどると小道具係りと座長が拳銃が何故壊れたのか?心配そうな雰囲気で話しあっていました。


僕が近くを通りかかると座長が『みつ…この拳銃いつくらいから壊れてた?もしかして最初から?何でだろ?心当たりある?』と聞いてきた。


思わず、

『いや、わかんないっす…なんでだろう?いつからなんだろう?』

と答えた。。。


しかし…実はいつから壊れて、何が原因だったかは判っていたのだった……。


実は海江田との2人のシーンで石黒が偽物拳銃だと思い、引き金を引いて芝居上は本物の玉が出て、石黒はその本物拳銃の圧力で後ろに転ぶという動きの時に、引き金部分を床に強く当ててしまい、破損したのだった……。
なので原因は自分。いまだに何で惚けたのかは自分でも不明。

勿論小道具チームの活躍でばっちり修理。次のステージには間に合った。


小道具チーム&座長惚けてごめんなさい。
| 『ロウバジェット』 | 12:45 | - | trackbacks(0) |
「ロゥバジェット」裏ネタ〜桜岡〜
「ロゥバジェット」終了してまだ3週間経っていないというのに、

めっきり寒くなりましたねぇ。

まだまだ裏ネタはアツク続きますヨン


さて、この画像は、地下にあるスタッフルーム階段に登場する直前の場所。

こういうふうになっていたんですねぇ。

スペースがあまりないので、下りてくる階段の手前は急カーブして下ってます(汗)

つまり、上ってからおりてるんですね、実際には。

しかもおでこにぶつかる部分にハリがあって、

それをかがんでよけて登場しなくてはいけないという、、、

なんとも、腰痛に苦しんでいた私には拷問のような出入り口でした





両脇の赤いランプは間違えて足を踏み外さないためのガイドランプ。

大けがのもとですからね




これが、ちょうど登場した時の、役者側からの眺め。

なかなかの高さなのでございますよ

ここから見ても、スタッフルーム、って感じですよねぇ

ちなみに画像に写りこんでいるのは、マスクをしたぽんちゃん(天野弘愛嬢)です!


そして、悔しいけど、キュンときちゃった画像をひとつ。



付け髭をした平川さん=大沢監督

くそぉ、彫りの深い派手な顔をした平川さんは、こういうヒゲつけると

イタリアーノっぽくなって、かっこいいぢゃないかっ




| 『ロウバジェット』 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
ウラネタ〜鈴木〜
鈴木です。
ロウバジェットではロッカーによく隠れてました。
本当にずっとロッカーにいたと思ってくれたお客さんもいたのですが、途中で裏から抜けて楽屋にいました。大量の汗は霧吹きで制作してます。
それにしても武井壮は無双です。ほんとに猛獣に勝ちそう。
| 『ロウバジェット』 | 17:29 | - | trackbacks(0) |
裏ネタ〜平川〜
CA3K01020001.jpg
今回の『ロウバジェット』では、初めて大沢監督の役に挑戦しました。

キャラクターを作っていくのは、我々俳優の楽しみのひとつです。

脚本をよく読み込み、お互いの関係性から役作りするのと同時に、衣装や小道具などの外側からのアプローチも重要です。

今回私が選んだのは、扇子とハンチング、それにこのあごひげ。

『鬼のごとく〜』の夏目漱石役に続いて、使い捨てのプロピア髭を使用しました。
| 『ロウバジェット』 | 10:16 | - | trackbacks(0) |
 1/9PAGES >>
このページの先頭へ